大学中退はカッコいい、のか、それともただの馬鹿なのか。

今回は久しぶりに個人的な記事です。

 

天才は大学を中退する、
等と言われてますが、
今回はそれについて書いてみたいと思います。

 

勉強の本質は、雇用される事

勉強する事の本質は、
基本的に雇用や資格にあります。

 

それっていうのは、有名企業に就職するためには、
それなりの学歴や資格が有利に働く事からも、
想像に難くないと思います。

 

雇用されるだけなら、大学と言うブランドや資格で
「自分の有能さをアピールすること」がその本質ですけど、
コレって言うのは、要するに

 

「自分にはコレだけの能力があるから雇ってくださいね。」

 

ってことなわけです。

 

大学のブランドなどは自分の能力を
アピールする強力な手段であることは、自他共に認める事でしょう。

 

結局の所、「良い企業に就職するために」たくさん勉強するわけです。

 

 

勉強を捨てる=雇用におけるアドバンテージを捨てる

大学を中退すると言う事は、
雇用において、当然不利になります。

 

しかし、雇用される選択を捨てる場合であれば、
勉強のメリットが格段に薄くなります。

※「勉強」と言うのは、あくまでも学校で習うような事ですよ。

 

それゆえに「雇用される事」しか頭にない人が大学を
中退するのは、あまり良い選択ではないんですね。

 

起業家=中退が多いのはむしろ頷ける

ですから、自分の中にやりたい事があって、
既にそっちの方向に思考を全振りしている人は、
そもそも雇われると言う選択肢を捨てている場合が高いんです。

 

むしろ、成功者たちの大学中退は、

 

大学中退=雇用されないという決意

 

と言う見方の方が、私にはしっくりきますね。

 

少なくとも、私が第一志望の大学に現役で合格していたなら、
中退する勇気なんて無かったと思ってます。(笑)

 

というのも、会社の椅子に座っていた方が、

自分でマーケティングを仕掛けて

お金を稼ぎだすよりはるかに簡単ですから。

 

情報商材等にも「楽に稼げる」みたいな文句は書かれてますが、
それはあくまでも「リアルビジネスを自分で立ち上げる場合」
と比べての話ですからね

 

まあ、そんなわけで

 

勉強が嫌いだから、中退してやるというわけではない。

 

既にやりたい事(=志)のある人間が、
雇用されると言う選択肢を捨てた結果なのではないでしょうか

 

 

現代の傾向

現代は、不安定な職ほど高学歴化するなど、
非常に現実的な思考をする人が増えています。

 

大学も卒業して、就職と言う道を残した上で、

自分のやりたかった事業を立ち上げる。

 

まあ、要するにこう言う事ですけど、
最悪を考えた上で行動する人が増えています。

 

でも、事業を立ち上げる苦労は物凄いわけですから、
一度起業を目指したものの、楽な道があるがゆえに
本気になる事が出来ず、結局は挫折して安易な道に流れてしまう…
と言うのが最近の流れなのかなーと思いますね

 

大学中退は、基本しない方がいい

基本的に何でもそうですが、やりたいことのない人間ほど
雇用にすがる事は大事だと思ってます。

 

やりたい事が無い人はそうした情熱を持てないため、
成功は難しいのです。

 

それに、大学を卒業できる選択肢がある中で
あえて中退を選ぶ、と言うのはとても贅沢なことだと思いますね。

 

というのも、中には

 

「勉強の才能が無かったから、こっちで戦うしか無かった」

 

みたいなタイプもいるわけです。

 

こう言う人がお金持ちになるためには、
結局の所、「実力で勝ち上がる方法」しか残ってないわけですから、
是非ともマーケティングやビジネスモデルを積極的に学んで
結果を出せるように努力するしかありません。

 

たとえば、GMO社長の熊谷さんは、
まともに就職できるキャリアを持って無かったから、
消去法で企業を選んだと聞いてます。

 

GMOはロリポップやGMOコインなど、
ネット関連で活躍している会社ですね。

 

ネットインフラの覇者GMOインターネット 熊谷正寿のすべて (2017年12月号)

新品価格
¥1,080から
(2018/3/5 19:07時点)

なかには、浪人中に副業で始めたアフィリに可能性を感じた結果
本業になった私みたいな人間もいます。

 

「キャリアや学歴が無い=学歴やキャリア無くても稼げる方向で頑張ろう」

 

って方向では、私も同じような思考をしていたと思います。

 

会社を立ち上げるのと、
ネットで個人レベルで稼ぐのとでは規模も努力量も違いますけどね。(笑)

 

 

恰好だけなら誰でも真似出来る。

例えば、自分の好きなギタリストと同じギターを持つ事は、
お金を払えば出来ますよね。

 

しかし、同じレベルでギターの腕が
ついてくるわけではありません。

 

コレって言うのは、
何にでも言えると思うんですよ。

 

辞表出すだけで会社はやめれますけど、
それで転職して成功出来るのは一握りです。

 

その行動の中に、どんな哲学(=考え方)があるのか
まで見抜いてこそ、初めて意味があるんですね。

 

「大学中退」と「天才」

 

には何の因果関係もありませんからね。

 

でも、そこに「やりたい事」とか「志」みたいなものまで考察して行くと、
何となくその人が成功する経緯が見えてきます。

 

モデリングと言う技術が真似をするのは、
まさしく「その部分」だし、そこを真似するからこそ、
全く同じパターンで成功するのだと私は思ってます。

 

 

記事の拡散はこちらから。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

稼ぐのに役立った無料レポート


いずれも、メールアドレスを登録するだけでダウンロードできる
無料のレポートです。 ネットで稼ぐ際のポイントが書かれているので、
是非読んでみてください。


元時給700円の皿洗いが語る 自由になるための思考、
宇崎恵吾のコピーライティングレポート
成約率を意図的に上げる文章の法則 が公開されてます。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

profile

穹音春海

  

【穹音春海】

大学受験に失敗して人生安定のレールから滑り落ちました。

実力で勝つ王道のビジネスが得意です。

 ⇒詳しいプロフィールはこちら

 メルマガ始めました。
豪華なプレゼントも用意してます。

メルマガ登録はこちら

推奨メールマガジン/
無料レポート

川島和正のメルマガ
ビジネス系の情報を扱う1億円ブロガ―のメルマガです。

ブログランキング

ブログランキング

今話題のビットコインなら。



自己アフィリ兼ポイントサイトアフィリなら、どこが良い?

1P=1円の高額報酬。
登録も簡単なモッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト


昔から人気のハピタス。
報酬も結構高めで使いやすい。



最近の投稿