高額商品でも簡単に購入してもらう方法は、相手のIQを下げることにある。

どうもこんにちは、
春海です。

 

今回の話は、良くほとんどの人が軽蔑するであろう、
お得感の演出の話になります。

 

まあ、私自身が昔はこう言ったテクニックを軽蔑していたのですが、
実際やってみると、想像以上に効果を出すため、
戸惑った経験があります。

 

こう言うのを見ると、自分の思考がいかに独りよがりで、
その思考のせいで成功を逃している自分に気づくんですよね。

 

こう言うのを見ると、自分の価値観そのものが、
自分を貧乏にしているのだな、
と本当に強く感じますよ

 

さて、それでは早速やっていきましょうか。

 

 

わざと高い値段をつけて、セールにする行為

情報商材業界の鉄板ですが、
最近はリアル店舗でも多く見かけるようになりました。

 

洋服全品40%OFF! しかし値段を見てみると15000円って事で
全く安くない…みたいなやつですね。

 

ネットで調べるとamazonの方が安い…
なんて事もしょっちゅうありますから、
おかげで私なんかは「セール」そのものが
形骸化してしまっているように感じられます。(笑)

 

 

情報商材だと、48,000円が、最初のセールと言う事で
29800円まで値下げしますよ。

 

みたいなやつです。

 

一見単純なテクニックなんですけど、
正直この方法を使うだけでゴミでもそこそこの
数が売れてしまう事が分かっています。

 

 

わざと高い価格をつけてから値下げをする理由

まあ、売っている側からすると、
100円のものを1000円で売るためには、
相手が冷静に判断できる状態〈=常識状態〉を崩してやる必要があるんですね。

 

例えば、上のテクニックであれば、
48000円と言う高額な金額を一度脳みそに与えて価値を混乱させた上で、
値下げにより、安いと言う「錯覚」を引き起こしています。

 

人間と言うのは価格が高ければ高いほど、
頭が錯覚に陥りやすいため、
詐欺などをやる場合は、むしろ不当に値段を高くして
相手の理性の混乱を狙う方が効果が高いのです。

 

それに、値段が高いほど印象にも残ってしまうため、
無意識に相手を洗脳しているのです。

 

理性を崩すとIQが下がる

では、冷静状態を崩してやると言うのは
一体どういうことなのでしょうか。

 

分かりやすく言うと、男性であれば、例えば趣味ついて話している時は
間違いなく「IQが下がっている」のです。

 

例えば、ギターが趣味な人は、
ギターの話になると話に没頭して、時間を忘れ、
思わず「感情的」に話してしまうわけです。

 

どうしてもわからない時は、美人の顔でも
想像してみてください。

 

明らかに自分の論理力が構築できなくなっている事が
分かると思います。

 

一見くだらない小手先ノウハウに見えるような事でも、
その目的に目を向けてみると、意外と効果のある裏付け
があったりするのです。

 

さて、では私のIQが下がる瞬間を
公開しましょう。

 

 

私は知的興奮でIQ下がります。

例えば、私は専門書を読みあさりますが、
専門書と言うのは……高いです。

 

↓ショーペンハウエルの「存在と苦悩」

これはショーペンハウアーの「存在と苦悩」と言う本なんですけど、
これ1冊で2500円です。

 

他にも、数学の微分積分の王道書と言われる「解析概論」
なんかだと1冊3200円です。

 

この2冊で6000円です。(笑)

 

もしかしたら、あなたはこの行為を何か崇高で
真面目で、合理的なお金の使い方である
と感じるかもしれません。

 

しかし、ショーペンハウアーの哲学が私のお金になったわけじゃないし、
解析概論に至っては、まだ理解できていないことも多いんですよ。

※解析概論は大学数学の微分積分の本です。

 

一言で言うと、1円にもならないと分かって居ながら、

合計で100万円くらいは、使っているわけですよ。

 

資本主義では、

 

「利益が出ない事=消費」

 

なので、私は消費者〈=与えられる側〉になってしまっていますね。

 

今では、プラトンから始まって、デカルト、キルケゴール、
ニーチェ、フーコー、…って感じに
かなりの金額を知識にフルシフトしています。

 

正直私のベッドは学生時代のものだし、
机なんかは学生時代の机をそのまま使っています。

※ただし、椅子だけは良く使うのでいいものを使ってます。

 

そんな風にして、他のものには極度にケチにもかかわらず、
本と言うものに関してだけは、めちゃくちゃその水準が
下がっているわけです。

 

最近は4万円のヘミシンクCDを購入した
話をしましたね。

 

商品が売れるかどうかは、結局〇〇が決めている!

 

これって言うのも、事前に私が「瞑想」にハマっていたからこそ、
このように高いものでも(簡単に)購入してしまったわけです。

 

 

冷静だと購入しない例

逆に冷静で購入しない例としては、
自動販売機のドリンク(120円~150円)
があります。

 

だって、今じゃスーパーに行けば
半額で変えるじゃないですか。

 

いや、むしろ150円あれば、
スーパーなら2ℓ買えるわけです。

 

まあ、「100円のコーラを1000円で売る」に書いてあるように、
私が砂漠に居て、汗に水分を奪われて干からびそうなくらい
喉が渇いているような状況であれば、1000円出しますよ。

※ほら、この時点で「冷静な状態」ではありませんよね?

 

しかし、私は東京に住んでいるし、
5分も歩けばコンビニでも、スーパーでも
どこかしらにぶつかる環境にあります。

 

そして、同時に200円で中古本が買える「古本屋」
と言うのも近くにあると言うような恵まれたインフラ
に居るわけですから、こんな事は、まず起こりません。

 

私はここ数年は、自販機で飲み物を買った事はないと言えますが、
それは私の冷静状態での飲み物の価格が「100円以下」だからです。

 

そのように考えると「100円のコーラを1000円で売る」と言う本の本質は、
相手をその状態でも購入するような状況に陥れる事が大切である、
と言う読み方も出来るわけですね。

 

100円のコーラを1000円で売る方法

 

本物の学びとは、抽象度を上げてその本質を
取りだすことにあるのです。

 

 

セールスの基本は、相手のIQを下げることにある

リアルビジネスの例では「セール!40%OFF」などと言う文字が
最近は本当によく見ます。

 

しかし、実はこの効果には、ポルノ並みの興奮作用が
あるのだと言うデータがあります。

 

大分古い情報ですが、
ネット記事でも出ていますね。

 

良く考えてみて欲しいんですけど、
ポルノ並みの興奮を味わっている人が、
本当に正しい判断が出来ると思いますか?

 

よく、ネットなどを見ていると、

 

「こんなにいっぱい買っちゃったけど、家に帰って来て困った」

 

みたいなコメントがありますが、
アレって言うのは見事に「この効果」です。

 

要するに、購入している人間は、
冷静な判断が出来ていないんですね。

 

 

世の中にはそう言う仕組みがたくさんある

私がビジネスを勉強して理解した事と言えば
世の中にはこう言った仕組みで溢れていると言う事ですね。

 

ちなみに様々なマーケターの本やブログを読んだ所、
理想なセールスと言うのは、

 

「テクニックが使われている事を相手に気付かせないこと」

 

だと言います。

 

催眠術などを勉強すれば分かりますが、
相手がテクニックに気付いてしまったら
相手に警戒されてしまって、逆に反応が落ちてしまった、
と言う事は良くあるものです。

 

 

大衆の思考力を奪う

アフィリエイトで稼いでいる人と言うのは、
本当にこの「見せ方」が上手い人が多いな、
と思います。

 

当たり前ですけど、アフィリエイトで儲かるような
美味しい案件と言うのは、値段がめちゃくちゃ高いです。

 

例えば、4500円のデオドラントや
2000円のシャンプーなどは当たり前です。

 

そう言った「高額なもの」をまともな状態の読者に
売ろうとした所で、そりゃ、相手にされるわけないじゃないですか。

 

だって、例えば貧乏時代の私の価値観では、
シャンプーとリンスなんてセットで800円ですよ。(笑)

 

「メリット」で十分なわけです。

 

不景気と言われる時代に何万円もの高額教材を購入させる
情報商材なんかは、当たり前ですけど、普通に価値観で
購入してもらう事は「絶対に不可能」です。

 

しかし、それを「購入したい」と思わせていくためには、
やはりこうした「興奮の力」を強く必要とするんです。

 

フェラーリを購入する場合を想像してみてください

例えば、3000万のフェラーリを購入する時なんて、
あまりの興奮に思考が完全に停止した上で

 

「あぁ…フェラーリだ、あのフェラーリが俺のものになる!」

 

って感じで、知性のかけらも無くなります。

冷静な判断なんてまず無理です。

 

どちらかと言うと、

 

「ああ、やばい、なんかよくわかんないけど……スゴイ!」

 

と言う感じで、良く分からない興奮とか、
良く分からない笑いがこみあげてくるんですよ。

 

この感じを味わったことのある人は
ほとんどいないと思いますが、
思考としてはマジでこんな感じです。(笑)

 

こんな人が一般人並みのIQを持っているはずないですよね?

 

ブランド品なんかはほとんどすべてと言っていいほど
こんな精神状態になりますが、この状態をどうやって引き出すか
という戦略を考える事は、ビジネスに必要な事です。

 

ちなみに、それを作る方法と言うのは、
じつはあんまり難しくありません。

 

インターネットであれば、自己ブランディングでどんどん
相手よりも強いある種の権力を持って、自信満々に持論を
展開できますから、それこそ「独裁者ような戦略」と言うのは
かなり有効なのです。

 

それを簡単に解説した教材が、
こちらの「扇動マーケティング」と呼ばれる情報商材ですね。

 

↓扇動して相手の理性を「書きかえる」
扇動マーケティング

 

扇動と言う手法は、ネットマーケティングにおける着眼点としては
素晴らしい良教材です。

 

読んでみて、損はないと思います。

 

 

 

記事の拡散はこちらから。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

稼ぐのに役立った無料レポート


いずれも、メールアドレスを登録するだけでダウンロードできる
無料のレポートです。 ネットで稼ぐ際のポイントが書かれているので、
是非読んでみてください。


元時給700円の皿洗いが語る 自由になるための思考、
宇崎恵吾のコピーライティングレポート
成約率を意図的に上げる文章の法則 が公開されてます。

Comment

  1. ryoji より:

    はじめまして!

    ブログランキングからきました!

    商品を販売する上では、様々なテクニックがあるのですね!
    確かに「セール」などと聞くと
    「今しかない」と思ってしまい、
    買ってしましますね。

    冷静に考えるとってやつなんですよね。。。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

profile

穹音春海

  

【穹音春海】

大学受験に失敗して人生安定のレールから滑り落ちました。

実力で勝つ王道のビジネスが得意です。

 ⇒詳しいプロフィールはこちら

 メルマガ始めました。
豪華なプレゼントも用意してます。

メルマガ登録はこちら

推奨メールマガジン/
無料レポート

川島和正のメルマガ
ビジネス系の情報を扱う1億円ブロガ―のメルマガです。

ブログランキング

ブログランキング

今話題のビットコインなら。



自己アフィリ兼ポイントサイトアフィリなら、どこが良い?

1P=1円の高額報酬。
登録も簡単なモッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト


昔から人気のハピタス。
報酬も結構高めで使いやすい。