情報弱者を卒業する簡単な方法と、弱者向けビジネスの話

どうも、春海です。

 

今回は、情報弱者を卒業する方法
について書きます。

 

ちなみに情報弱者って言うのは、本質的には
ネット使えるから情報強者だ(笑)ではなくて、
そもそも情報量が少ない事が情報弱者なんですね。

 

「ネットの時代に~」と言う人がいますが、
流れを見るだけなら新聞でもなんとでもなりますし、
活字から情報を仕入れている人間であれば、
おそらくネットで信頼背の低い情報ばかりを
入手している人よりもよっぽど強者です。(笑)

 

それでは、書いていきます。

 

 

情報弱者を卒業する方法

情報弱者を卒業する方法は本当に簡単で、
「自分の使う知識の書かれた本を1000冊読む事」です。

 

これが一番簡単で、
しかも、確実な方法なんですね。

 

まあ、ビジネスに強い知り合いがいるとか、
そう言うのが一番簡単に情報強者になれるんですけど、
周りにそう言う人がいるような恵まれた環境に居るのであれば、
そもそもそういう不安は出てこないと思うので無視します。

 

 

情報弱者になってしまう理由

情報弱者になってしまう理由は、
主に2つあります。

 

1つめは、
情報量そのものが少ないと言う事

 

2つ目は
間違った情報ばかりを読んでいると言う事ですね。

 

しかし、たくさんの本を読まなければ、
その情報の正誤が分からないので、結局の所、
2を心配するくらいなら、1であるインプットの少なさを
心配した方が確実だって事ですね。

 

それに、たくさんの知識量を持っている事が、
自分の情報発信に対する自信にもつながるわけですよ。

 

例えば、心理学系のブログを作る場合であっても、
心理学についてネットで調べながら書いて行くのと、
心理学の本を50冊読んだ上で書いて行くのだと、
情報を書く時の自信が違います。

 

情報を発信する上でも、
やはりインプットと言うのは力になります。

 

中には、

 

「金持ちだけが知っている情報を持って無い人間は、みんな情弱だ」

 

と言う風に考えるかもしれませんが、
自分の口を糊するくらいであれば、
愚直に学べば簡単に出来るものです。

 

でも、難しい活字をたくさん読むのは
かなりのエネルギーがいります。

 

中には仕事をしていて本を読んでいる時間なんて無い、
と言う人もいると思います。

 

ですが、「情報における弱者」と言うのは、
まさしくこう言った理由をつけて知識をインプットしない事が原因なのですね。

 

 

情報を使いこなせない型

一応こっちも書いておきますが、
情報があっても使いこなせないと言う人は、
基本的に自分に合った情報を入手してない事が大きいです。

 

例えば、文系で受験する人が理系科目を勉強するのが無駄であるように、
IOTで稼いでない人がIOTの情報を仕入れたって仕方が無いじゃないですか。

※株とか時代の流れを見て稼いでいる人は別です。

 

政治なんかもそうで、円高が、とか、円安がー、
とかって言う情報は、「稼ぐ事」と直結しませんよね?

 

世の中って言うのはプラグマティズムですから、
自分の欲しい情報「だけ」を仕入れる。

 

と言うのが正しい姿勢なのですよ。

 

要らない情報に脳のスペースを使うのはただの自己満足的な娯楽であって、
ゴールにたどり着いてからすればいいことです。

 

出来る奴は「優先順位」を決める。

 

と言うビジネス書の常套文句が言いたい事の本質は、
こう言う事ではないでしょうか?

 

情報は値上げされる

当たり前ですけど、情報と言うのは
モノ以上にインフレの宝庫です。

 

例えば、「高校数学」と言う範囲の決まったものでも、
何冊あるの?ってくらいにたくさんの種類の参考書がありますよね。

 

要するに、同じ内容を扱ったものでも
相手にする読者の知的レベルや書き方によって、
1つの情報から無限に生まれてくるわけですよ。

 

例えば、私のやってる事なんて
ほとんど知識の輸入と輸出です。

 

ダイレクトレスポンスマーケティングはアメリカではじまって、
神田昌典さんが日本に持ち込んできた手法です。

 

コピーライティングも、私が重要だと悟ったのではなく、
ネットで色々な人が重要であると教えてくれたことに
他なりません。

 

その他の技術なんかもまさしくその通りで、
私自身の功績と言えば、

 

「学んだ事に、自分なりの解釈を加えた」

 

と言う事だけです。

 

そして、もし私が価値のある情報を発信できているのだとすれば、
その「自分の解釈」と言う部分が、価値を持っている、
と言う事になるわけです。

 

しかし、全くビジネスを学んだ事が無い人からしたら、
そんな私でも、ビジネスを学んでいる人として価値を持つだろうし、
私からビジネスを学びたいと感じてくれる人もいるわけなんですね。

 

そして、ほとんどの人が直感的に分かってると思いますが、
「自分からビジネスを学びたい」と言う風に自分に価値を感じてくれる人を
集める事がそのまま収益に直結するわけなんですよ。

 

それゆえに、ビジネスの目的は

 

「自分のコンテンツに共感してくれる人を増やす事」

 

とも言い変えられますね。

 

ビジネスにおけるターゲティングって言うのは、
一言でいえば「そのような人」なわけだし、
「そのような人」を集めるためにブログを作ってるわけですよ。

 

情報ビジネスは情報弱者以外は相手に出来ない

ブログの中には「うちは情報弱者を相手にしません」
と言った事を言う人もいるんですけど、

 

情報が価値を持つのは、
基本的に情報を知らない相手に対してです。

 

アフィリを知らない人や、知っていても使いこなせていない人こそが、
アフィリのノウハウを必要としているわけです。

 

ですから、情報ビジネスと言うのは、
基本的には情報販売者が先生になって、
生徒にノウハウを提供して行く…
と言うのが正しい図式なわけなんですね。

 

しかし、勘違いしないで欲しいんですが、
情報弱者と言うのは、現段階でその知識に乏しい人と言う意味なわけですから、
きちんと学んで知識を得れば、情報弱者を卒業できますからね。

 

事実として、高額な教材でも

 

「良質で分かりやすいなもの」

 

と言うのは確かに存在します。

 

例えば私は「イスラム教」については素人ですから、
学ぶ側、お金を払う側、すなわち「情報弱者」です。

 

しかし、しっかりと時間をかけて学べば
情報強者に「変わって行ける」わけですよ。

 

よく勘違いしてる人がいますが、情報弱者と言うのは
「生まれつきそうである」と言うわけではありません。

 

情報弱者は情報を持って情報強者になる
まで達していない人の事です。

 

それゆえに、学び続けられる人、と言うのは
常に情報発信者となり、常に情報をお金に変えていける人
と言う事になります。

 

例えば、小西和夫さんは、最近YFMと言うYOUTUBE教材を出しましたが、
1つの知識に特化すれば、その知識だけで延々に稼ぎ続ける事が出来る
と言うことの証明でもあると思います。

 

2018年以降もYOUTUBEで稼ぎ続ける方法

 

世の中にはこんな風に「1つの知識で一生食べていく人」と言うのが
結構たくさんいるんですよ。

 

これは立派なビジネスモデルだし、
こう言った部分を学んでいく人が
結局「勝ち上がる」わけです。

 

情報ビジネスと言うのは、情報弱者を情報強者に育て上げるビジネス
でもあるわけですから、結果の出ていない段階では、謙虚に成功者の
言葉を学んで自分が強者になる事を目的とするのが正しいんですよ。

 

そして、特定の情報を持っている事は
特定の情報を持っていない事に優越しますから、
その「情報」が価値を持っていれば、それが商売になる、
と言うのが、この情報ビジネスの実態なんですね。

 

だからこそ、情報を売る側は常に相手よりも情報をたくさん持ってなくちゃいけないわけで、質の低い情報しか持っていない人間、または、良い情報を持っていたとしてもその価値を相手に伝えられない人間と言うのは、情報業界から追い出されてしまう、と言う事の裏返しでもあります。

 

今回は以上になります。

 

記事の拡散はこちらから。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

稼ぐのに役立った無料レポート


いずれも、メールアドレスを登録するだけでダウンロードできる
無料のレポートです。 ネットで稼ぐ際のポイントが書かれているので、
是非読んでみてください。


元時給700円の皿洗いが語る 自由になるための思考、
宇崎恵吾のコピーライティングレポート
成約率を意図的に上げる文章の法則 が公開されてます。

Comment

  1. takeshi より:

    ランキングからきましたtakeshiです。
    ネット上にあるスカスカのコンテンツを高額塾として勧誘
    する輩が目立つこの頃、情報弱者は良い餌食にされてしまいます。
    ですので、情報を沢山インプットして情報強者に成らないとだめですね。
    また、訪問させて頂きます。

    • 穹音春海 より:

      >takeshiさん

      まあ、アフィリエイトはあくまでも
      商品を売る事を目的としてますから、
      広告費をガンガンかけて、誘惑する事という
      事自体がそもそも「ノウハウ」であると言うのは
      否定できないんですけどね。

  2. ないこ より:

    春海さん、 はじめまして!ブログランキングからきました。情報弱者を卒業する方法は本当に簡単で、「自分の使う知識の書かれた本を1000冊読む事」です。といわれて驚きでした!私も今勉強を始めたばかりで、ネットビジネスの難しさを感じています。まずは作業量を増やしていくことと、知識のインプットですね。本、頑張って読みます。

    • 穹音春海 より:

      >ないこさん
      たくさんのインプットを持っておくと、記事の更新ペースだけでなく、
      発信する情報の深さにも直結してきますよ。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

profile

穹音春海

  

【穹音春海】

大学受験に失敗して人生安定のレールから滑り落ちました。

実力で勝つ王道のビジネスが得意です。

 ⇒詳しいプロフィールはこちら

 メルマガ始めました。
豪華なプレゼントも用意してます。

メルマガ登録はこちら

推奨メールマガジン/
無料レポート

川島和正のメルマガ
ビジネス系の情報を扱う1億円ブロガ―のメルマガです。

ブログランキング

ブログランキング

今話題のビットコインなら。



自己アフィリ兼ポイントサイトアフィリなら、どこが良い?

1P=1円の高額報酬。
登録も簡単なモッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト


昔から人気のハピタス。
報酬も結構高めで使いやすい。



最近の投稿